お得な借入なんてあるの?

by 管理人 on

金融機関からお金を借りるということは、借りている期間の利息がかかることから、借りないほうがよいと考えている方も多いでしょう。利息を支払うのがもったいないと考えてしまいやすいのです。しかし、本当に全ての借入をしないほうがよいと決めてしまってよいのでしょうか?
実は、借入方法によっては、お得に活用できるものもあるのです。今なら話題の無利息期間サービスを利用するのなら、利息はかかりませんので当然お得ですね。無利息サービスは様々な金融機関が行っているものです。利用当初の一定期間利息がかからないものが多いです。
他にも、ATM利用手数料がかからないローンなら、自分の銀行口座から時間外手数料を支払って引き出すよりも、利息のほうが低くお得に利用できるケースもあるのです。借入が必ずもったいないというわけではないのが、この利用方法です。カードローンなどでは、入会金や年会費が必要ないものも多いので、実はこれもお得さに繋がっていると言えるでしょう。
何より、お金を準備しなければいけない時に準備できないことで起こる時間のロスなどは、数値としては目に見えなくても実は大きな損失となっていることもあります。例えば、資格取得をしようと思ったけれど、講座にかかる費用や試験代などを捻出できなかったとします。いつでも講座が開かれ、試験が行われている資格ならよいでしょう。しかし受講期間が限定されている、試験のタイミングは年に1回といった資格では、次の機会を待つとしたらそれはやはり損していることになるかもしれません。
借入は利用方法によって、お得にも便利にも使いこなせるものです。「今はお金がないから、貯まってからにしよう。」「後でも一緒だろう。」と先送りにしてしまったことが、意外と大きなロスとなっているかもしれません。
お金の使い方、ローンの使いこなし方は、ローンに対する知識があればラクにできるものとなります。ローンへの知識といっても、金融のスペシャリストになる必要もありません。金利を計算することができる、様々な利用方法から一番お得なものを選ぶことができる、こういった点から押さえておけば難しくありません。できるだけたくさんのローンを比較してみることもよいでしょう。

少額の借り入れのつもりがいつの間にか借金が膨らんでしまった。
そんな話は珍しいことではありません。
小さな車輪がいつしか大車輪となり、回り始めればもう自分の力ではどうにも制御が効かなくなることも充分に考えられます。
消費者金融からの借り入れには、消費者金融が決めたルール、貸金業法、日本貸金業協会が決めたルールなどのほかにも、利用する自分が決めたルールというものが必要になります。
万人にとって間違いのないルールは無いでしょう。
自分の性格を一番よく知る自分だからこそ、消費者金融を利用する前に決めておかなくてはならないルールがあります。
借入残高を増やさないために、借り入れがあるうちには新しい借り入れをしないというのもよいでしょう。